SNSビジネスは、TwitterやFacebookなどを使ったマーケティングを意味します。
SNSを集客に利用して、そこからビジネスにつなげていく手法です。
現代はSNSが大きな影響力を持っており、数多くの人が情報発信や情報収集の場として活用しています。
距離感が近いこともSNSの特徴であり、マーケティングとして利用する中で、自社の商品やサービスを知ってもらうチャンスを作ることができます。
SNSはあらゆる立場や年代の人が幅広く利用しているため、ビジネスとして属性の合った人とつながることも可能です。
一般的な広告を使えば経費がかかりますが、SNSは無料で利用できます。
しかも活用次第では非常に大きな集客ツールになる点がメリットです。
また、SNSには拡散する力があり、有益な情報やサービスを提供するアカウントの投稿は、リツイートやシェアされやすい特性があります。
ユニークな投稿やトレンドに合った投稿も拡散されやすい傾向があります。
投稿が拡散されれば、フォロワー以外の人々にも自社を知ってもらうチャンスが生まれます。
自社のアカウントを目立つようにするためには、多くのフォロワーを集める必要があります。
影響力の強いアカウントを作ることで、投稿内容に注目を集めることができるからです。
フォロワーの集め方としては、まず自分から興味あるアカウントをフォローしていくことが基本です。
フォローすれば一定数はフォロー返しをしてくれるため、フォロワーの数が増えていきます。
但し、一度に多くのフォローをするとスパムとみなされ、最悪の状況としてアカウント停止になる可能性もあります。
時間をおきながらフォローを増やし、スパムとみなされないようにすることが大切です。
フォロー返しは義務ではないため、数多くのフォローをしてもフォロー返しがあるのは一部です。
そのため自分のフォロー数がどんどん増えていき、フォローとフォロワーの数がアンバランスになります。
これを防ぐためには、定期的に片思いのフォローを外していく必要があります。
Twitterのフォロワー管理としては、数多くのツールがあります。
ツールを利用すればフォロー返しをしていないアカウントを効率よく見つけることができるため、フォローを外していきます。
但し、これも一度に多くするとスパム扱いになる可能性があるため、少しずつ行う必要があります。
根本的に大切なのは、有益な投稿をすることです。
意味のない投稿を繰り返しているようなアカウントでは、フォロー返しは期待できません。
もちろん自発的にフォローされることも少ないでしょう。
特にビジネス系のアカウントを避ける人は多く、ビジネスを前面に押し出すような投稿ではフォロワーが増えません。
SMSの基本は交流の場です。
情報発信をするにしても、リンク付きの投稿などは適切な範囲内にとどめて、通常の投稿では読む人が有益に感じる情報発信が大切です。
また、プロフィール欄にはしっかり自己紹介を載せることで安心感を与えることができます。
その際も、あまりビジネス的な印象を与えないようにすることが効果的です。